美肌 方法 40代

なぜシミができる?原因を知って対策を!

女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)なら一度は、お肌のトラブルで悩んだことがあるんでしょうかが、今回は「シミ」についてお話したいと思います。

 

老化と共に出来やすくなるシミしかしながら、シミが出来てしまう原因って一体何なのでしょうか。

 

シミの一番の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)と言われているのが、紫外線だと言えるのです。

 

紫外線を浴びたり日焼けをすると、体の酸化や老化の原因とも言われている活性酸素が発生し、メラニン色素を作り出します。

 

メラニン色素(女性には目の敵にされることも多いですが、メラニン色素がないと紫外線を吸収できず、皮膚がんになりやすくなるのです)という言葉は皆さんも聞く事があるようですが、肌のためには必要な色素であって、肌を守るために肌を黒くする作用を持っています。

 

ただ、紫外線をたくさん浴びてメラニン色素を非常に多く作り出してしまうと、メラニン色素(色素細胞・メラノサイトで生成されています)自体が肌に残ってしまうため、その一部が残ってシミとなってしまうのです。

 

このようなことから、紫外線を一番浴びやすい頬や目の周辺にシミが可能でやすいと言われています。

 

それに、シミの要因としては紫外線だけではなくて「女性ホルモン」も関係しています。

 

知っていましたか?排卵日から約2週間、次の生理が来るまではメラニン色素が創られやすい体になっているので、シミも出来やすい状態だということを。

 

女性ホルモンのバランスが崩れた時にも、シミが出来やすいと言われているので、注意が必要です。

 

ターンオーバーと呼ばれている新陳代謝作用が、お肌にはあります。

 

でも、女性ホルモンのバランスを崩したり、ストレスを過剰にうけたりしたがって、このターンオーバーの周期が乱れてしまうため、シミも出来やすくなってしまいます


年齢に応じたケアが大事!紫外線とシミの関係って?

シミと紫外線。この2つは女性にとって、お肌の悩みの原因となりやすい要素ですよね。

 

今回はシミと紫外線がどのような関係なのか、ここで少し説明しておきますね。

 

スキンケアなどに詳しい方であれば、既にご存知かもしれませんが、シミに取って紫外線は一番の大敵となるでしょう。

 

紫外線は浴びれば浴びるほど、メラニン色素が生成され、シミが出来やすくなってしまいます。

 

ターンオーバー(基底細胞が角質層に徐々に移行していき、やがて皮膚表面から剥がれる一連の流れのことです)という言葉(時には武器にもなり、凶器にもなり、人を救うこともできるでしょう)ってご存知でしょうか?

 

一定期間が過ぎると、お肌の表皮細胞が剥がれ落ち、新しい表皮細胞が表面に現われてくるということになります。

 

若い頃ですと、新陳代謝も活発なので、ターンオーバーと同時に紫外線を浴びてメラニン色素を含んだ表皮がきれいに剥がれてくれます。

 

しかし、年齢を重ねていくごとに、このターンオーバーのサイクルが乱れてきてしまうはずです。ターンオーバーのサイクルが乱れると、余分なメラニン色素(エウメラニンとフェオメラニンの二種類あります)が含まれた表皮細胞が上手く剥がれてくれなくなります。その余分なメラニン色素(エウメラニンとフェオメラニンの二種類あります)がどんどんお肌にたまっていき、沈着していく一方でシミを増やしてしまうのです。

 

決して紫外線(曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますから、晴れの日と同様の紫外線対策が欠かせません)だけがシミを作ってしまう原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)だとは言い切れないのですが、年齢を重ねるとホルモンのバランスも崩しやすくなってしまったりしますね?

 

紫外線を浴びる事と ホルモンバランス(乱れることでニキビや肌荒れなどの皮膚トラブルや生理不順、子宮筋腫、不妊症などが起こるといわれています)を崩すことが重なると、さらにシミが生成されやすくなってしまいます。

 

ですので、若い頃と似た感じの紫外線対策ではダメだということなのです。

 

それに、ストレスもシミを悪化させる要因であるということがわかっています。
アテニア店舗くらぶ

年齢を重ねれば重ねるほど、ストレスも感じやすくなるので、シミが出来てしまうリスクも高くなるということですね



 
美白 敏感肌 毛穴 シミ 肌荒れ